/

福島県、3年ぶり本社の県外移転超 20年民間調べ

帝国データバンク郡山支店(福島県郡山市)がまとめた「福島県本社移転動向調査」によると2020年は9社が県内に転入する一方、11社が転出して3年ぶりに転出超過(2社)となった。前年の19年秋に台風19号によって県内に大きな被害が出た影響が表れたと同支店はみている。地域別では水害が発生した郡山市、伊達市など中通りの企業の県外移転が目立った。移転先は東京都が最も多かった。転入企業は神奈川県、栃木県などが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン