/

この記事は会員限定です

少水量で効率発電、東北小水力発電などが新型水車

[有料会員限定]

東北小水力発電(秋田市)、早稲田大学、秋田県の3者は共同開発する新型水車を県営の鎧畑発電所(秋田県仙北市)に設置し、1月から実証試験を始めた。水の流量が少なくても効率よく発電できるのが特徴で、2021年度中に販売開始をめざす。

新型水車の実証試験は有効落差54.4メートルの放流水を使い1年間実施する。最大出力は49キロワット。発売に向けて発電効率などの詳細なデータを集める。東北小水力発電は早稲田大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン