/

この記事は会員限定です

東北地方整備局、港湾の脱炭素化促す ビジョン策定

[有料会員限定]

東北地方整備局は2021年度から10~15年間の中長期の港湾整備方針を定めた「東北港湾ビジョン」を策定した。秋田県沖を中心に進む洋上風力発電設備の設置に伴う基地港湾の整備のほか、水素など次世代エネルギーを活用した港湾の脱炭素化を目指す。

ビジョンでは「物流・産業拠点」「にぎわい創出や豊かな環境」「安心・安全な港湾」の3つを形成する目標が掲げられた。従来との変更点では、地域の潜在力を引き出す新たな資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン