/

この記事は会員限定です

NDソフト、ケアプランにAI活用 1年後予測し提案

[有料会員限定]

介護ソフト大手のエヌ・デーソフトウェア(NDソフト、山形県南陽市)は人工知能(AI)を取り入れた「在宅ケアマネジメント基本システム」を発売した。2019年に資本業務提携したAI関連、シーディーアイ(CDI、東京・中央)のデータを活用。1年後にどの程度改善する可能性があるのか、ケアプラン作成時に利用者や家族に提示する。

CDIは40万件のデータをもとに、要介護度が改善した人はどのような介護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン