/

この記事は会員限定です

首都圏各地に「実証タウン」 地域の課題解決へ

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏の自治体が企業や研究機関と連携し、一定エリア内で新たな技術やサービスを実証実験する動きが相次いでいる。自動運転やドローン、次世代通信規格といった新技術を活用し、「実証タウン」で社会実装を試みる取り組みだ。少子高齢化や生活に不便な山間部を抱える地域の課題解決を目指す。

オフィスにある複合機のような大きさの自動配送ロボット(UGV)が住宅地の路地を走行し、スーパーで購入した商品を自宅まで届ける―...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン