/

この記事は会員限定です

ヤマヨ、EUハサップ対応のサバ缶 首都圏で販売へ

[有料会員限定]

水産加工のヤマヨ(青森県八戸市)は八戸港の世界最高水準の衛生管理基準を持つ荷さばき施設(地方卸売市場・八戸市第3魚市場A棟)に水揚げされた「八戸前沖サバ」を使った缶詰を商品化する。高級品として2021年春に首都圏のスーパーなどで販売、シンガポールへの輸出も計画している。

A棟は15年、漁獲物を欧州連合(EU)に輸出でき、世界で最も厳しい衛生管理基準といわれるEU-HACCP(ハサップ、危険度分析に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン