/

この記事は会員限定です

東北の百貨店初売り、3密回避優先 売り上げ確保課題

[有料会員限定]

東北各地の百貨店初売りは新型コロナウイルス感染拡大の影響で「3密」回避の取り組みが最優先になった。期間延長や予約販売などの対策を取り来店客数が大幅に減り、売り上げも約1~4割減少した。安全で安心して買い物できる環境を整えながらいかに売り上げを確保するか課題として残る。

東北の1番店、藤崎(仙台市)の初売りは2日の初日から様変わりした。市中心部の商店街にある本館の周りは例年なら約1万人の行列が連なり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン