/

この記事は会員限定です

地銀、自治体からの依頼事務のオンライン化進める

[有料会員限定]

各地の地銀が、自治体から依頼される事務のオンライン化に力を入れている。自治体から依頼される預貯金照会や公金の支払い依頼は、書類やフロッピーディスクに記録したデータでやりとりする形がごく最近まで続いていた。オンラインでやりとりできる仕組みを整え、自治体業務のデジタル化と銀行業務の生産性向上につなげる。

琉球銀行沖縄銀行は2020年11月、日本ATM(東京・港)が提供する「預貯金照会システム(DAIS)」を導入し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン