/

ヤマハ、電子キーボード2種 鍵盤や音色にこだわり

ヤマハはコンサート向けの電子キーボード「YC88」と「YC73」を23日に発売する。鍵盤にこだわり、グランドピアノと電子ピアノの弾き心地をそれぞれ再現した。ピアノやオルガン、シンセサイザーなどの高品質な音色を収録。演奏中に操作しやすいシンプルなデザインにした。価格はそれぞれ36万円前後と30万円前後。

専用のケースに入れて持ち運べる

YC88の鍵盤は指で押さえた時に低音部が重く、高音部は軽くなるように設計し、グランドピアノに近づけた。表面に適度な吸湿性を持たせるなど細部にこだわった。YC73は電子ピアノの弾き心地を意識し、鍵盤の重さを均一にした。

音色は同社のグランドピアノの最上位機種「CFX」をはじめとしたピアノや、オルガンを中心に収録。オルガンの音源はアナログ音を忠実に再現した。発売から1年間で国内で計1000台の販売を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン