/

ローランド、真空管アンプの魅力再現 最上位機種発売

ローランドは、ロックギタリストに人気の真空管アンプの特性を出したギターアンプ「Nextone(ネクストーン)スペシャル」を「BOSS(ボス)」ブランドから19日に発売した。真空管アンプ特有の音の響きや音圧、全体の振動などを忠実に再現した。

真空管は使っていないため、交換の手間も省ける

2018年に始まるネクストーンシリーズの最上位モデル。真空管は音の信号を増幅するための部品で、過去には一般的に使われていた。音の温かみや抜けの良さ、高い音圧などに魅力を感じるギタリストは多い。

独自の技術でこうした特性を再現した。音量が小さいと真空管らしさが出にくいという課題も解決。高性能のスピーカーを内部に設け、大音量でも音が飛びにくくした。

価格は11万円前後。発売から1年間で国内外で2000台の販売を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン