/

浜松市の中心街「松菱跡地」で弁当販売 27店が出店予定

浜松市内の飲食店が集まり、持ち帰りの弁当や総菜を販売する「浜松エール飯ロングVer.」が、27日から約1カ月間、中心街の百貨店「松菱」跡地で開かれる。ホルモン専門店「岩田屋」などでつくる実行委員会が主催し、浜松市や浜松商工会議所などが後援する。新型コロナウイルス禍で減収に苦しむ飲食店の販路を確保する。

仮設テントを設置し、弁当などを販売する。15日時点で27店舗が出店を予定する。営業時間は午前11時~午後8時で、売り切れ次第閉店する。敷地内に30台以上の駐車スペースを設ける。松菱跡地を保有する不動産会社のアサヒコーポレーション(同市)が協賛する。期間は4月30日までを予定するが、好評なら延長する。運営費の一部をまかなうため、クラウドファンディングを実施する。

2001年に経営破綻した松菱の跡地はJR浜松駅から徒歩5分程度の好立地にあるが新しい活用法の議論が進まず、約4600平方メートルの敷地は更地のままになっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン