/

会計大学院の学位、遠隔のみで取得可能に 千葉商科大

千葉商科大学(千葉県市川市)は、大学院会計ファイナンス研究科の「税務プロフェッションコース」で、遠隔授業だけで学位を取得できる履修形態を2022年度から始める。同コースの学位を取得すると、税理士試験の一部科目の免除を申請できる。会計大学院が近くになかったり通学が難しかったりする人の学位取得を後押しする。

同大学によると、遠隔授業だけで学位を取得できるのは国内の会計大学院で初めて。募集人数は15人程度で、9月から出願の受け付けを始める。米マイクロソフトの対話アプリ「チームズ」を使い、1対1の研究指導や発表、試験を行う。受講者は学内の施設を利用したり講義を対面で受講したりすることもできる。

20年度は新型コロナウイルスの影響で遠隔と対面の両方で授業を実施し、学生へのアンケートで「遠隔授業でも質の高い授業だった」との評価を得た。それを踏まえ、通学が難しい地方在住の人でも遠隔授業だけで学位を取得できるようにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン