/

ニット直販祭で福袋、毛糸や製品3点セット 米富繊維

ニット製品製造の米富(よねとみ)繊維(山形県山辺町)は16~17日、「り・くろすYAMAGATAニット直販祭」を開く。2020年9月に初めて開催。今回は社内で使われない毛糸や、3種類のニット製品を詰め合わせた福袋を販売し、地元需要を開拓する定例イベントにしていく。

社内に眠っていたデッドストック糸を福袋として販売(糸のイメージ)

山形市の観光物産会館「ぐっと山形」で開く直販祭は、ニットウエアや小物のほか福袋を用意した。自社のニット製品に使う10種類以上の糸から選ぶ3000円と、4000~6000円相当のセーターやマフラーから選ぶ3点セットの福袋を5000円で販売する。

新型コロナウイルスの感染拡大で百貨店などの客足が減少してアパレル販売が落ち込んでいる。これまで山形で作った独自のニット製品を海外を含め広く販売していたが、地産地消に力を入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン