/

この記事は会員限定です

藤木伝四郎商店、樺細工の財布や名刺入れ ブランド強化

[有料会員限定]

秋田県の伝統工芸である樺(かば)細工の製造卸、藤木伝四郎商店(秋田県仙北市)は名刺入れ、小銭入れ、長財布の新シリーズ「重皮EGAWA」を発売した。樺細工と牛本革を組み合わせた美しいデザインが特徴だ。2015年に亡くなった先代社長の妹が老舗ブランドを再構築しようと奔走する。

重皮は名刺入れ(税抜き1万~1万2000円)、小銭入れ(同1万~1万2000円)、長財布(同1万6000~1万8000円)をラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン