/

横須賀市、ワクチン接種で特典 経済も活性化

上地市長は接種率向上に向け「いかにワクチンが有効で必要かを丁寧に伝える」と訴えた(15日、横須賀市役所)

神奈川県横須賀市は15日、新型コロナウイルスのワクチン接種体制を発表した。個別接種を中心に、横須賀アリーナと百貨店のさいか屋に集団接種会場を設ける。加えて、接種済みの証明書で市内店舗の割引サービスなど何らかの特典を受けられるようにする。「インセンティブを与える」(上地克明市長)ことで接種率を上げ、コロナ下で落ち込む市内経済の活性化にもつなげる。

市医師会によると、個別接種には200程度の医療機関の協力を想定している。ワクチンは「練馬区モデル」と同様に、集団接種会場から個別接種を行う医療機関に配送する。

集団接種会場は市民の移動しやすさを意識した。さいか屋は中心駅の横須賀中央駅に近く、買い物ついでや通勤途中に立ち寄れることを利点とみる。同店は21日に一度閉店し、3月6日に規模を縮小して再開業する予定で、利用しなくなる5~6階を接種会場にする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン