/

若手市長の施策コンクール、94事業から選出 青年市長会

全国青年市長会(事務局・山形県南陽市)は18日、「日本を元気にする施策」の投票を始めた。49歳までに当選した若手市長が提案した市の事業について、会員市長と一般の投票ですぐれたものを表彰する。新型コロナウイルス対策や街づくりなど40市の94施策から選出する。

投票を呼びかける全国青年市長会のホームページ

東北からは4市がエントリー。青森市の「ホヤランプ製造体験会」や、宮城県白石市の「公民館の地域特性をいかした生涯学習」、山形市の「独自申請書による特別定額給付金業務」、南陽市の「避難所状況WEBアプリ」など12施策が応募された。

投票は18日~2月7日。こうした行政の施策コンクールはかつて行財政改革に関するものが多かったが、近年は観光振興策が目立ち、今回はコロナ対策やオンラインを活用したものが多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン