/

空き家利用の「学生寮」第2弾 山形県などが内覧会

山形市中心部の空き家・空きビルを準学生寮に改装する「山形クラス」に関連し、東北芸術工科大学(同市)などは内覧会を開いた。県と市、大学などが進める連携事業。第2弾として2棟の物件を公開し、物件をさらに増やすため27日に地権者向け説明会と見学会を開く。

公園に隣接した所有する空き家を準学生寮に改装した林谷さん夫婦(山形市)

駅に近い公園に隣接した「山形クラス第二公園の家」は2階建て民家を改装し、5室の男子寮にした。立地はいいが駐車場がなく売却もできず4年間空き家だった。「地域がにぎわえば」(所有者の林谷洋一さん)と1300万円をかけ改装した。

行政から改修費の補助が出て、県公社が10年間借り上げる。他にもテナントビルを改装した13室の物件を公開したが、改装に踏み切る地権者の理解が必要で、説明会を開いて物件を募集する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン