/

この記事は会員限定です

キットセイコー 少量多品種のネジ、はやぶさ2に採用

埼の強み

[有料会員限定]

金属切削加工のキットセイコー(埼玉県羽生市)は半導体検査装置、鉄道信号、F1カーのエンジン向けなどのネジを製造する。2020年12月に小惑星のかけらを収めたカプセルを持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ2」にも搭載された。大手産業機械などからのオーダーメード品を得意とする。

強みは様々な材質のネジ製造に対応できることだ。同じステンレス製でも成分によって性質が異なり、作業の仕方も変わる。職人は材質に応じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン