/

この記事は会員限定です

福島沖地震で停止の火力、7月までに復旧 東北電力

[有料会員限定]

東北電力は15日、2月に発生した福島県沖地震の影響で停止した火力発電所の復旧見通しを発表した。仙台火力発電所4号機(宮城県七ヶ浜町、46万キロワット)は7月下旬、原町火力発電所1号機(福島県南相馬市、100万キロワット)は6月上旬、同2号機(同)は3月中に復旧する見込み。

仙台火力4号機は地震を受け自動停止した。落下して壊れたガスタービンの換気用ファンの取り換えのほか、タービンの軸受けが故障して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン