/

都民フの栗下都議が離党届

東京都の小池百合子知事が実質的に率いる地域政党、都民ファーストの会の栗下善行都議(大田区選出)が15日、離党届を出した。栗下氏は2期目の都議で、立憲民主党への入党を目指す。

同氏は記者会見で、離党の背景を「党と自身の方向性の違いを埋めることができなかった。会派運営がきわめて不透明だ」と述べた。立民入りを目指す理由は「やっぱり人だと思う。立民は小池知事に是々非々で提言している」と話した。都民フの都議会での議席は現在48で、栗下氏が離党しても最大会派は維持する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン