/

新潟市、東北電ネットと大規模停電時の復旧に備え連携

記者会見する新潟市の中原八一市長(15日、新潟市役所)

新潟市は15日、東北電力ネットワーク(仙台市)で新潟市内を管轄する電力センターと自然災害に伴う大規模停電発生時の復旧で連携する協定を締結した。災害拠点病院への電源車の提供や電力設備の復旧作業に必要な用地・路線の確保などで協力する。

2019年に台風15号による千葉県での大規模停電をきっかけに協定を結んだ。新潟では年始から記録的豪雪を各地で観測しており、7日には暴風雪に伴う停電が市内の一部地域で発生した。市の担当者は「大規模停電の原因箇所へ向かう道路が損壊するなど、関係機関と連携が必要な場合は迅速に復旧できるよう協力していく」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン