/

横浜市長選、太田市議が出馬表明

太田氏は野党系候補の乱立は避けて、統一候補を立てるべきと主張した(15日、横浜市役所)

横浜市の太田正孝市議(75)は15日、任期満了に伴う8月の同市長選に無所属で出馬すると表明した。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致や米軍基地の跡地開発方針など現市政を批判。IR誘致の即時撤回などを公約に掲げた。

同日、横浜市役所で記者会見を開いた。市議としての活動には限界があり「市長にならないと、本当の意味で市民のための政治ができない」と訴えた。公約では、みなとみらい線の元町・中華街駅と上大岡駅をつなぐモノレール新設などをあげた。財政健全化に向け、市職員の再任用制度の廃止を明言した。

太田氏は1979年に横浜市議に初当選し、通算11期目。自民党や立憲民主党など各党に支援願いを出したという。

同市長選への出馬表明は初めて。現職の林文子市長は出馬の是非を明らかにしていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン