/

この記事は会員限定です

横浜・瀬谷にテーマパーク誘致、商業機能向上必須に

米軍施設 返還の先に(上)

[有料会員限定]

沖縄県に次いで米軍基地が多く、「第2の基地県」とも呼ばれる神奈川県。いまも1739ヘクタールが基地・施設として使われているが、返還や返還方針が決まった施設では跡地利用の動きが盛んになってきた。ようやく取り戻した広大な跡地をどう生かし、地域活性化につなげるのか、課題を探った。

「上瀬谷はまさに平和の象徴だ」。横浜市の林文子市長は2020年11月に開かれた国際園芸博覧会(花博)の推進組織設立の式典でこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1474文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン