/

この記事は会員限定です

新潟の原発を巡る世論 新潟国際情報大・越智教授に聞く

[有料会員限定]

東日本大震災や東京電力福島第1原子力発電所事故から10年がたつものの、柏崎刈羽原発の行方は依然見通せていない。この間、地元の新潟県で原発を巡る政治家のスタンスや世論はどのように変化してきたのか。新潟国際情報大学の越智敏夫教授(政治学)に聞いた。

――この10年間の新潟県の原発を巡る社会の変化をどう見ていますか。

「福島の事故以降、多くの人々は『原発は安全』という政治家の言葉を信頼しなくなった。しか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン