/

この記事は会員限定です

次世代の農業経営模索 井上寅雄農園の井上代表

多彩人財

[有料会員限定]

2020年12月、JR佐久平駅(長野県佐久市)にほど近い場所に、同市初となるイチゴ狩り農園「井上寅雄農園」がオープンした。開業したのはオランダなどで農業を学んだ井上隆太朗さん(28)。農業を学べるIT(情報技術)サービスの展開にも乗り出している。

「紅ほっぺ」や「やよいひめ」など、6種類のイチゴが真新しいハウスの中で育つ。気温や湿度などの生育環境を自動管理でき、効率よく栽培できるのが特徴。イチゴ狩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン