/

この記事は会員限定です

ZIT構想、長野・善光寺参道で進み始めた企業集積

まちづくり人づくり

[有料会員限定]

長野市の中心市街地を走る中央通りに、新たな企業が集まりつつある。1月にはトランコムが業務効率化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の拠点を新設。最近は大学生がコーヒーショップを開いた。新型コロナウイルス禍で地方移住の機運も高まるなか、地元の官民は連携して企業移転や移住向けの受け皿づくりを急ぐ。

トランコムが今年開設した「ロジスティクスデータラボ」は、中央通りから歩いて数分の場所に位置する。同社が全国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン