/

この記事は会員限定です

栄進フーズ、千葉でギョーザの皮工場新設 拠点集約

[有料会員限定]

中華総菜の製造や卸売りを手がける栄進フーズ(千葉県旭市)は、主力製品である業務用のギョーザの皮を生産する工場を新設した。最新の設備を導入し、生産能力は1日あたり約17万枚と1.2倍に伸びた。

新工場は既存工場の敷地内に建設。これまでは旭市内の別な工場と宮城県塩釜市の工場で皮を作っていたが、新工場に集約した。中身のあんを作る工場も近くにあるため、人件費や輸送コストも削減できる。

同社は全国のスーパー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン