/

特別区長会「ワクチン接種の医師確保を」 都知事に要望

東京都の小池百合子知事は14日、新型コロナウイルスへの対策を巡り、都内区市町村の代表と意見交換した。特別区長会の山崎孝明会長(江東区長)はワクチン接種について、都が医師会と協力し接種に当たる医師を確保するなど準備を強化すべきだと小池氏に要望した。

山崎氏は「接種は地域の医師会の全面的な協力がないと実施できない。今から綿密な協力要請や話し合いを」と小池氏に訴えた。小池氏は「医師会と連携しすみやかに接種できるように工夫したい」と応じた。都市長会の清水庄平会長(立川市長)はワクチンの有効性や安全性に関する情報提供の強化を国に求めるよう要請した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン