/

この記事は会員限定です

新潟電子工業、大容量の業務用電源 工事現場向け

[有料会員限定]

電源メーカーの新潟電子工業(新潟市)は、持ち運びできる業務用の蓄電システムの試験販売を始めた。容量を従来の3倍に拡大。3キロワットの出力に対応し、工事現場での切断機や高圧洗浄機などの利用を想定する。1台50万~60万円で、月産100台を目指す。

同社は2018年末からキャリーケース型の蓄電システムの販売を始めた。従来品は非常用電源としての機能が強く、停電時に電力を切り替えて提供する無停電電源装置(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン