/

この記事は会員限定です

東北の年末年始 分散促す工夫 初売り・初詣・伝統行事

[有料会員限定]

年末年始まで約2週間になった。新型コロナウイルス禍を受け、初売りを行う東北の百貨店や小売店では福袋の事前予約などで来客の分散を促している。初詣スポットも密集防止策を実施。秋田県の「ナマハゲ」や山形市の「初市」などの伝統行事も対応を図る。

仙台市で年始恒例となっている「仙台初売り」。各店は会場や日程の分散、福袋の事前予約を取り入れる。百貨店の藤崎(仙台市)は初売りの期間を例年より3日長い1月2~6日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン