/

この記事は会員限定です

温泉旅情にビアバー 東京の銭湯、復活へ個性磨く

変貌 東京銭湯(上)

[有料会員限定]

東京の銭湯が若い世代から注目を集めている。廃業などで数は減り続ける一方、利用者数は増加に転じた。経営の代替わりなどで個性的な施設改修や取り組みが進み、新たな銭湯の価値を生み出している。足元では新型コロナウイルスの逆風が吹くが、復活に向けそれぞれの個性を磨いている。

「うちは温泉が出るのが強み。旅館のような風情の銭湯を目指した」。大田区の住宅街にある銭湯「はすぬま温泉」の3代目、近藤和幸さんは201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン