/

西武HD、駅ロッカーにお菓子など配達 

西武ホールディングス(HD)は、客の注文を受けた後、鉄道駅に設置したロッカーに百貨店のお菓子や小物などを配達するサービスの実証実験を2月8日から始める。新型コロナの感染拡大が収まらない中、通販の需要を取り込む狙い。

サービス名は「BOPISTA(ボピスタ)」。まず池袋、富士見台、所沢の3駅に、スマホで解錠でき、配達物の受け取りが可能なロッカーを設置する。対象はそごう・西武の西武池袋本店が取り扱うお菓子類や化粧品、小物など約10種類。専用の通販サイトを通じて販売し、配達は平日のみとなる。

不在の場合もある自宅への配達と違い、駅のロッカーを使うことで確実に商品の受け渡しができる。西武HDのスタッフが鉄道を使って商品を運ぶため、注文後、最短で3時間で受け取りができるという。実験は当面3月末までの予定。販売状況に応じて、配達地域や取扱商品の拡大も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン