/

この記事は会員限定です

民事信託の相談急増 七十七銀系、前年度の2倍

[有料会員限定]

不動産や経営権などの管理を任せる「民事信託」の相談が増えている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事業承継に向けたコミュニケーションを密に取ることが難しくなる恐れがあるためだ。東日本大震災の被災地では、復興から10年の節目に経営のバトンを渡す方法としても活用されている。

七十七銀行系の七十七リサーチ&コンサルティング(仙台市)は民事信託のコンサルティング業務を手掛ける。2020年度の相談件数は20年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン