/

士業会員の14%「倒産取引先ある」 静岡商議所

静岡商工会議所(静岡市)が公認会計士や税理士など「士業」会員を対象にコロナ禍の影響を調査したところ、14%が「すでに自主廃業・倒産した取引先がある」と回答した。「事業に行き詰まっている取引先がある」は全体の35%に上った。商議所は「事業継続を支える士業会員の重要性は高まっている」と指摘している。

調査は静岡経済研究所(静岡市)と共同で2020年11月、商議所の士業会員を対象に行い、142会員から回答を得た。

自主廃業・倒産した取引先について業種別に尋ねると、飲食業と製造業が5%ずつで最も多かった。行き詰まっている取引先でも飲食業(18%)が最多で、居酒屋や宴会主体の料理店、スナックなどが例に挙がった。一方で「プラスの影響を受けている取引先がある」との回答も全体の31%あり、卸・小売業が最も多かった。

感染拡大後の相談内容に関しては「公的支援策の活用」が72%で突出した。経営改善についての内容が多い半面「事業縮小・撤退や転廃業」も17%あった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン