/

東京・高円寺の「小杉湯」 国の登録有形文化財に

東京都杉並区の高円寺にある銭湯「小杉湯」が国の登録有形文化財に登録された。小杉湯は1933(昭和8)年に建設され、増築や改修を重ね営業を続けている。昭和初期の銭湯の伝統的なスタイルが随所に残っており、文化財として価値があると判断された。

小杉湯は昔ながらの魅力を残しつつ、新たな取り組みも始めている(東京都杉並区)

小杉湯は昔ながらの銭湯の魅力を残しながら、名物の「ミルク風呂」やヨガ・ピラティス教室の開催など独特の取り組みを実施。若年層を含めた銭湯ファンから人気が高い。

2020年3月には隣接するアパートを改築し、会員制のシェアスペース「小杉湯となり」をオープンして注目を集めている。登録について、経営する平松茂さんは「登録を地域の方にも知っていただき、さらに100年、150年と続けていけるように努めたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン