/

この記事は会員限定です

リアル謎解きゲーム「密」避け誘客 首都圏で注目

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

パズルを解きながら地域や観光施設を周遊する「リアル謎解きゲーム」を使った集客が首都圏で広がっている。新型コロナウイルスの影響で大人数が集まるイベントの実施は難しい。人が密集せずに地域の店舗や観光施設に誘客できる取り組みとして注目を集めている。

JR東日本は11月、逗子駅(神奈川県逗子市)発の「ずしなぞ~謎の手帳と不思議なカメラ~」を始めた。駅員6人が地元商店街などと連携して考案した手作りのゲームだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン