/

この記事は会員限定です

宮城で震度6強、県内79カ所に避難所開設

[有料会員限定]

宮城県で最大震度6強を観測した地震を受け、宮城県は14日午前、2回目の災害対策本部会議を開いた。午前6時半時点で七ケ浜町や多賀城市など10市町計79カ所に避難所が開設されており、村井嘉浩知事は避難所での新型コロナウイルス感染防止対策の確認を指示した。

県内では午前6時半時点で計10市町村で重傷者2人、軽傷者10人の被害が確認されている。住家では計2棟が一部破損した。東北電力ネットワークによると、地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン