/

梶山経産相「風評対策に全力」 福島県内で放出方針説明

記者会見に臨む梶山経産相(13日夕、福島県大熊町)

梶山弘志経済産業相は13日、原発処理水を海に放出する政府方針に関し「漁業者らの反対をはじめ、自治体からも様々な意見を頂いた。これらを踏まえ、放出実施までの2年間に追加の説明や風評対策に全力を挙げたい」と述べた。福島県を同日訪ね、自治体や漁業関係者に政府方針を説明した後、記者団の取材に答えた。

東京電力福島第1原子力発電所を抱える大熊町の吉田淳町長は13日、梶山経産相との会談後に記者会見し「廃炉を進めるためには避けて通れないと判断したのだろう」と理解を示した。大熊町は増え続ける処理水への早期の対応を求めてきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン