/

この記事は会員限定です

千葉・地銀3行、コア業務純益増 コロナで貸出金増 

[有料会員限定]

千葉県内の地方銀行3行の2021年3月期決算が出そろった。本業のもうけを示すコア業務純益は前の期比でいずれも増えた。ただ、新型コロナウイルスの影響を受けた企業へ資金繰り支援で貸出金が伸びたことが主因で、収束が見えないコロナ禍に各行は備えも固める。コンサルティングによる構造転換など資金繰り以外の支援も強める。

単体のコア業務純益は千葉銀行が前の期比4%増の703億円、京葉銀行が7%増の183億円だった。千葉興業銀行が4%増の8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン