/

武田信玄生誕500年記念ラベルのスパークリングワイン

武田信玄生誕500年記念ラベルのスパークリングワインは酵母もブドウも甲府市産で醸造した

戦国武将・武田信玄の生誕500年の節目に合わせ、特別記念ラベルのスパークリングワイン「甲府スパークリング甲州2020」が2月1日に発売される。ワイン製造のサドヤ(甲府市)のオンラインショップで15日から予約を受け付ける。

武田家の居館「躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)」跡に建てられた武田神社(甲府市)で採取した酵母と、甲府市内で栽培された甲州種のブドウで醸造したオール甲府市産のワイン。甲府市と山梨大学ワイン科学研究センター、サドヤが共同開発した。

記念ラベルには、11月3日に生誕500年を迎える武田信玄のイラストを入れた。JR甲府駅南口の武田信玄公像をベースにした。

山梨大が酵母の培養を、サドヤがブドウの調達と醸造をそれぞれ担当した。価格は720ミリリットル入りで2547円。3500本限定で販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン