/

この記事は会員限定です

ロックガレッジ、ドローン・AI・MRで要救助者を捜索

Bizブックマーク

[有料会員限定]

ドローン(小型無人機)関連技術開発のスタートアップ、ロックガレッジ(茨城県古河市)はドローンと人工知能(AI)、複合現実(MR)を駆使した災害現場で要救助者を捜索する技術を開発した。地上からは見えない要救助者の位置を即時に、視覚的に把握でき、汎用性も高いことなどから注目を集めている。

1月8日、福島県南相馬市のロボット研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」。ソフトウエア開発のmofmof(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン