/

コロナ差別防止に向け共同宣言 宮城県など

宮城県の村井嘉浩知事(中央)はコロナ差別防止に向けて共同宣言を発表した(13日、県庁)

新型コロナウイルスの感染者や医療従事者らに対する差別防止に向けて、宮城県は宮城県商工会議所連合会など28団体で共同宣言を発表した。差別や偏見をなくすことを訴え、村井嘉浩知事は「県民で力を合わせてこの難局を乗り越えたい」と呼びかけた。

県によると、医療従事者の家族が保育園での預かりを拒否されたり、感染者が発生した店舗が事実と異なる噂を流されたりするなどの相談が相次いで寄せられているという。

共同宣言の発表時には県内の高校生が作った差別防止を訴えるチラシもお披露目された。制作者のひとり、宮城野高校2年の名取来瞳さんは「チラシを見て少しでも偏見について考えてほしい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン