/

高級食パン店「銀座に志かわ」、秋田市に20日開店

銀座仁志川(東京・中央)は20日、秋田市に高級食パン専門店「銀座に志かわ秋田中央店」を開店する。秋田県初出店で91店舗目となる。高橋仁志社長は「コメどころの秋田でパンの需要を開拓したい」と話している。

同店は通称「新国道」と呼ばれる幹線道路沿いに立地する。食パン(2斤864円)を販売する。予約は電話やホームページで受け付ける。パンに不向きとされてきたアルカリイオン水を仕込み水に使い、カナダ産小麦粉や北海道産生クリームなどで柔らかくほんのり甘みのある食パンを売り物にしている。

銀座に志かわは2018年9月に1号店の銀座本店を開店。東北では青森県弘前市、福島市、盛岡市、仙台市に店舗を持つ。

秋田市には20年6月に出店した「乃が美」のほか、「純生食パン工房HARE/PAN(ハレパン)」がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン