/

この記事は会員限定です

感染第3波で救急医療逼迫 栃木では受け入れ制限も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染者の急増で、地域の救急医療にしわ寄せが及んでいる。芳賀赤十字病院(栃木県真岡市)は緊急手術が必要な患者について、病院のある県東部以外からの受け入れを制限。一方、自治医科大学付属病院(同県下野市)は10分強で感染の有無を判定できる検査機器を導入し、救急現場の負担軽減を図る。

芳賀赤十字病院は県東部の基幹病院として年間4000件超の救急搬送を受け入れている。隣接する茨城県西部など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン