/

この記事は会員限定です

自治体初のバイオファンド、道銀会長「札幌を集積地に」

[有料会員限定]

バイオ・ヘルスケア関連のスタートアップに集中投資する札幌市主導の地域ファンド「札幌イノベーションファンド」が13日、始動した。当初の規模は10出資者で総額7億5000万円。北海道大学が持つ豊富な研究開発資源もフル活用し、多くのスタートアップ育成を目指す。

出資に応じた企業、金融機関は北洋銀行、北海道銀行、アインホールディングスデジタルガレージなど8者。札幌市内での記者会見に呉越同舟で並んだ金融機関トップからは「札幌をバイオ・ヘルスケア産業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン