/

この記事は会員限定です

サッカー観戦にAR、オフサイドもスマホで表示 KDDI

[有料会員限定]

KDDIとアルビレックス新潟は拡張現実(AR)を用いたサッカー観戦の実証実験に取り組んだ。高速通信規格「5G」の基地局を整備したスタジアムの客席にスマートフォンを設置。スマホをピッチにかざすと選手名やフリーキックの位置などを表示した。

13日にデンカビッグスワンスタジアム(新潟市)で開催したアルビレックス新潟とザスパクサツ群馬の試合で実証した。経過時間や点数、オフサイドラインやフリーキックの位置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン