/

この記事は会員限定です

3.11を「防災教育と災害伝承の日」に 仙台から提唱

[有料会員限定]

東日本大震災が起きた3月11日を「防災教育と災害伝承の日」にしよう――。東北大学災害科学国際研究所の今村文彦所長と日本安全教育学会の戸田芳雄理事長らが13日、仙台市で記者会見を開き、災害発生時の被害を減らすため防災教育と災害の伝承が重要だと訴えた。

今村所長らによると「防災教育と災害伝承の日」は、学校や家庭で子どもたちが災害の脅威と日ごろの備えの重要性を学び、震災をはじめ過去の災害の実態や教訓を次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン