/

この記事は会員限定です

医療逼迫の栃木県、「緊急事態宣言」へ滑り込み

[有料会員限定]

緊急事態宣言の対象地域に追加されたのを受け、栃木県は13日、県内全域の飲食店に対して営業時間の短縮を要請することを決めた。県内では新型コロナウイルス感染者の急増で、自宅療養者が1000人に迫るなど医療提供体制は逼迫している。緊急事態宣言の発令で各種施策の実効性を高めたい考えだ。

県内の緊急事態宣言の期間は14日から2月7日まで。県は宇都宮市内の酒類を提供する飲食店に限って、1月8日から22日まで営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン