/

知事会長、全国で緊急事態宣言すべき状況 経財相と協議 

知事会の飯泉会長(左上)は西村経財相(左下)とオンライン会談した(12日)

全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は12日、西村康稔経済財政・再生相とオンライン会談した。新型コロナウイルスの感染抑制へ「全国で緊急事態宣言を出すべき状況になっている」と指摘。宣言に準じる「まん延防止等重点措置」を知事が要請した場合の迅速対応も求めた。

西村氏は全国一斉の宣言発令について「慎重に検討する必要がある」と述べ、重点措置に関しても「しっかり対処したい」と述べるにとどめた。

全国知事会は10日にまとめた緊急提言で「医療崩壊の危機が続く深刻な実態」にあると現状に危機感を示し、国に全国一斉の宣言発令を含む感染防止対策の一段の強化を求めていた。

重点措置を巡っては、4月下旬~5月初めに適用を要請した自治体の中で北海道、岐阜、三重3道県が追加され、茨城、石川、徳島3県は見送られた経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン