/

この記事は会員限定です

「こんなところに」シェアオフィス 託児施設や鉄道車両

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

託児施設や特急列車、古民家も――。意外な場所でシェアオフィスが開業するケースが首都圏で相次ぐ。新型コロナウイルスの感染拡大や働き方改革で、市場は大幅に拡大。利用者のニーズも多様化しており、仕事と生活、趣味が溶け込む新たな場として活用されている。

千葉県松戸市は2020年12月、八柱駅前に新設した一時託児施設「ほっとるーむ八柱」の一角をコワーキングスペースとした。コロナ禍で在宅勤務の保護者が増えたの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン